お墓のリフォームについて
2017.07.26

狭い道多様化が進む現代においては、お墓に対する価値観も変わってきています。それを表す例のひとつとして、お墓のリフォームがあります。住まいをリフォームするのは、もはや当たり前の事柄になりましたが、近年ではお墓をリフォームする人たちが増えているのです。そのため、横浜市で霊園を探すなら、お墓のリフォームについても検討してみるとよいでしょう。
お墓のリフォームといって、小さいものから、大きいものまで様々です。石塔は、そのままで外柵だけリフォームする方法もあり、これによって全体的な印象を明るくすることも可能です。また、石塔のみをリフォームする方法もあり、土台はそのままなので、リフォーム費用を削減することが可能です。さらに、地域の風習によっては、自宅のすぐそばにお墓を建てるということも昔では珍しくありませんでした。
しかし、時代が変わると共に、しっかりとした霊園で供養してあげたいという状況も生まれてくるでしょう。そのような場合にもリフォームは活用できて、フルリフォームで改葬してしまうという選択肢も残されています。もちろん、移動はしないで、その場所でフルリフォームという手段もあるので、それぞれの状況によって、様々な選択肢が考えられるでしょう。
お墓のリフォームは清掃という意味合いで使われることもあって、長年の風雨にさらされたお墓は、普通に掃除しただけでは綺麗になりません。場合によっては、表面を研磨して綺麗にするといった作業も必要にあり、そのためには専門のリフォーム業者が必要です。クリーニングだけでも見違えるようになるお墓はたくさんありますので、神奈川県の霊園にあるお墓の汚れが気になっているなら、思い切ってリフォームをしてみるのもよいでしょう。
次にお墓のリフォームの費用についてですが、クリーニング程度なら、1万円程度を目安に行えます。墓石の研磨が発生するような場合は、数十万円が目安になってきて、文字の墨入れなら数千円から1万円程度になります。また、お墓が壊れてしまったので補修をお願いしたい、という場合もあるかと思われますが、墓石に多い破損であるひびなどを部分的に補修する場合は、数千円から数万円程度の値段になってきます。
このように、お墓を購入するのに比べると、圧倒的に安い値段で行うことができるのがお墓のリフォームのため、横浜の墓地にあるお墓の交換を検討するなら、リフォームという選択肢も考えてみるとよいでしょう。

▲ ページトップへ