永代供養のメリット
2017.07.26

手すり神奈川で霊園を探す場合には、永代供養にポイントを絞って探される人もいらっしゃるでしょう。永代供養には、明確なメリットがあるので、それを踏まえた上で、霊園探しを行っていきたいものです。
まず、永代供養をしてくれる霊園を探す際に確認しておきたいのが、「永代」という言葉の定義についてで、永代供養をこれからずっと供養してくれるので利用しようとしている人は注意が必要です。永代供養とは、いつまでも、という意味で使われているわけではなく、長期間供養を続ける場合を、便宜上、永代供養といっているのです。これは、供養してもらう霊園によって異なってきて、相談によってその期間をある程度、設定することもできたりします。33年、50年などの区切りが永代供養で使われやすい期間なので、あわせて覚えておくとよいでしょう。
続いて、永代供養のメリットですが、供養や管理の手間がかからないというのが大きいポイントです。近年は、核家族化が進み、ひとりひとりのお墓に対する責任が大きくなっています。そのため、ひとりではお墓を負担しきれないという人が永代供養を利用することによって、供養や管理の手間を大幅に軽減してもらえるのです。加えて、ひとりひとりに対するお墓の責任が大きくなるということは、当然、墓を建てる際の費用の負担割合も大きくなってきます。
この永代供養は、一般的なお墓に比べて費用が安い傾向にあり、墓石そのものにお金を払う必要がない場合もありますし、横浜の墓地の使用量などをみても、一般的なお墓の相場に比べて安いです。さらに、宗派を問わないという部分もメリットになりえる部分で、基本的にはどんな宗派、宗旨であっても受け入れてもらうことができます。
また、すべての霊園がそうではありませんが、一般的に永代供養をしている霊園は、アクセス面が非常に良好なことが多いです。そのため、通いやすいお墓という点でも、永代供養はメリットになりえるのです。このようなものが、主な永代供養のメリットになっていますので、これから墓地を横浜で探すのならば、永代供養かそうでないかについても、メリットを踏まえた上で吟味していきたいところです。
また、永代供養の注意点として、合祀になった場合、遺骨を取り出すことができないという点があります。しかし、近年は分骨型といって、それぞれの遺骨を別々に供養する方法がとられている霊園も多いので、その場合については、この注意点を気にする必要はありません。

▲ ページトップへ